COLUMN

失敗しない!フォトウェディング

2022.08.05

ウェディング


フォトウェディングで失敗しないために



近年、結婚式を挙げずに写真のみを撮影するフォトウェディングを選択するカップルが増えています。

結婚式よりも費用を抑えられるだけでなく、
一生の思い出に残るような写真が撮れると人気のフォトウェディングですが
中には思ったような写真撮影ができなかったという人もいます。

本記事では、フォトウェディングで失敗せず、
イメージに合った写真を撮るために重要なポイントを解説していきます。


できるだけ細かく希望を伝えよう



フォトウェディングの申し込みをするまでに、
希望するイメージをできるだけ具体的に決めておくことも大切です。
屋内で撮影するのか、屋外で撮影するのか、洋装なのか、和装なのかは話し合っておきましょう。
またお色直しの回数についても決めておきたいところです。

というのは、店舗によって、写真の仕上がりのイメージが変わりますし、得意とする分野が異なります。
写真館での撮影を得意とする店もありますし、ロケーションフォトを得意とするところもあります。
フォトウェディングの相談に行くまでに「このようなイメージの写真を撮りたい」という希望を具体的に書き出しておくと、
イメージに合った写真撮影を得意とする店舗を探すことができるでしょう。
打ち合わせの段階でも、できる限り具体的に希望を提示していくと、
プランナーからイメージに合った衣装やプランを提案してもらえます。

逆に自分たちの希望をはっきりとさせないまま打ち合わせをすると、
プランナーの提案に対してあいまいな返事をするばかりになってしまい、
結果的に「思っていたのと違う」というようなフォトウェディングになってしまうかもしれません。
また衣装に関しても、希望をしっかり伝えなければ撮影当日に着たかった衣装が着られなかったということも起こり得ます。
希望をはっきりと伝えている人のほうが、良い条件で撮影できるのです。

中には希望をはっきりと伝えることを「わがままかもしれない」と考える人もいるかもしれませんが、
フォトウェディングに関しては多少わがままであっても希望をどんどん伝えていくことが大切です。
たとえその要望が実現不可能だったとしても、イメージに近づけるために代わりの案を提案してもらえるでしょう。
希望だけでなく予算もしっかり決めておくことで、費用がかかりすぎるという問題を防ぐことができるでしょう。

なお、打ち合わせはオンラインでできるところもありますが、撮影当日までに現地で対面の打ち合わせをするのがおすすめです。
実際に店舗に行くことでスタッフの様子や写真館の雰囲気が分かります。
また、対面で打ち合わせをするほうが、プランナーとの信頼関係を構築しやすくなります。


料金やプランをきちんと確認しよう



フォトウェディングにかかる費用は、店舗によって大きく異なります。
安ければ10万円未満で撮影できることもあるでしょう。
しかし、価格の安さだけで選んでしまうと思ったようなフォトウェディングが実現できないかもしれません。

例えば、デザイン性の高いドレスを選ぶ場合には追加料金が必要な場合があります。
基本料金だけでは自分が希望するドレスが借りられないかもしれません。
また店舗によっては、アクセサリーや小物類を持ち込む際には持ち込み料金をとっているところもあります。
また、基本料金だけでは撮影カット数が最小限で、データを全て買い取る場合には別途料金がかかることもあるようです。
撮影する店舗を選ぶ際には、価格の安さばかりに注目するのではなく、
その料金で何ができるのかをきちんと確かめておきましょう。
また、どのようなことに対してオプション料金がかかるのかを確かめておく必要があります。

また、追加料金が発生する条件を確かめなかったばかりに、思った以上に費用がかかって驚いたという人もいるようです。
例えば、雨天などで撮影を延期した場合には追加料金が発生する可能性があります。
また、早朝や夜間の撮影では時間外料金をとるところが多いです。
ロケーションフォトで、公共施設や観光スポットでの撮影を希望する場合には、
施設利用料がかかるのが一般的です。
特に屋外で撮影を希望する場合には、天候によって延期せざるを得ないケースもあります。
事前に延期する場合にかかる費用は確認しておきたいポイントです。
屋外で撮影する場合に、もう一つ確かめておきたいのがクリーニング費用です。
ドレスのクリーニング費用に関しては基本的にフォトウェディングのプランに含まれているケースが多いですが、
ドレスを大きく汚してしまった場合など、別途クリーニング費用を請求されることもあるようです。
自然の中で撮影を希望する場合には、ドレスを汚してしまったときに生じるクリーニング費用についても確認しておきましょう。
また、ブライダル保険に加入できるかどうかについても聞いておきたいところです。


衣装をきちんと確認しよう



フォトウェディングでの衣装の失敗談はよくある失敗の一つです。
料金の項目でも説明しましたが、基本料金では借りられるドレスが限られているため、希望するドレスを借りられないこともあります。
有名デザイナーが手がけたドレスなど、デザイン性の高いドレスは追加費用がかかる可能性があります。
複数の衣装を着る場合、洋装と和装を組み合わせるほうがドレスを2着借りるよりも高くなることがあります。
ドレスの料金は追加で費用が発生しやすいところですし、店舗によっても違いが大きいところなのでしっかり確認が必要です。

一方、撮影当日に好きなドレスを選べるところだと、 希望していたドレスが当日借りられないといったことも起こりがちです。
また、希望するドレスを予約でおさえていても、当日身に着けてみて自分に似合わないことに気づく場合もあるでしょう。
試着をしていないと、体形のカバーをしたいところがうまく隠れないということもあります。
また、ホームページなどで見る写真と実際のドレスで色味が違うというのもよくあることです。
ホームページなどに掲載する写真は、ドレスがよく見えるように光を当てて撮影しています。
実際に着用する際には、それよりも暗い場所で着ることが多いため、
ホームページで見たときにはオフホワイトに見えたのに、実際はもっと黄みがかかっていたというようなこともあるでしょう。

撮影前にドレスを試着できるのであれば、
試着して自分の考えていたイメージと合うかどうかを確認しておくことが大切です。
また、きちんと体形に合っているかどうかも確認しておきましょう。
撮影日とは別に、ドレスを試着できる日を設けている店舗を選ぶことも大切なことです。
場合によって料金がかかるかもしれませんが、希望するドレスを予約できるなら予約しておくと失敗も少なくなります。
自分に合うドレスを探すことができれば、それに合ったメイクのしかたや髪型も考えていけます。
結果的に後悔がないフォトウェディングとなるでしょう。

フォトウェディングを成功させるには入念な打ち合わせと確認が大切。

フォトウェディングを成功させるためには、打ち合わせの段階でプランナーにしっかり希望を伝えた上で、
予算内で実現できる精いっぱいのことをしていくことが大切です。
追加費用が発生する条件に関しては注意深く聞いておくとよいでしょう。
また、ドレスに関しては試着をして、撮影当日に着るドレスをきちんと予約しておくことが重要です。
打ち合わせの段階でプランナーと信頼関係を築くことで、失敗を少なくすることができるでしょう。

CONTACTWEB見学予約/資料請求・お問い合わせ

SHOP店舗情報
住所 〒943-0804 新潟県上越市新光町2-11-11(謙信公大橋たもと)
電話番号 025-523-3822
営業時間 9:00〜18:00
定休日 毎週水曜日
駐車場 無料の大型駐車場がご利用いただけます。